都心で自分らしいスタイルと住宅で生きる

私の部屋

My Room

Concept

関電不動産開発は
2019年から「リノマチコラボ」という
プロジェクトを展開し様々な
リノベーション物件や
コンバージョン事例などを
研究してきました。
その過程で導き出された一つの提案が、
新築・中古にこだわらず、
「自分らしい空間とスタイルで都心に生きる」
暮らし方です。
これから、個人のこだわりに特化した
住宅モデルを、その制作過程をみなさんと
共有しながら開発します。
まずは自由設計マンション
「阿佐ヶ谷ハウス」の一室を舞台に、
「調度品を美しく見せること」を
テーマにしたコンセプチュアルモデル。

これは、ギャラリストでありながら
自身も器をはじめとした調度品を
使い楽しんでいる人からのニーズ。
その想いにマンション商品企画のプロと
自由設計のプロのノウハウを掛け合わせ、
こだわりの空間づくりを目指します。

Project

ここは「視る、に魅せられる」家。
自分の眼をカメラのレンズにし、
調度品を美しくとらえる。
刹那、住まいはスタジオになる。

ゲストもホストももてなす
現代版の床の間のしつらえ。
器を引き立てるテクスチャ-としての壁と床。

朝、さわやかに差し込む光が、
テーブルの木目や家具のファーなど
素材そのものの表情を
柔らかに浮かび上がらせる。
夜、スポットライトなどの照明が生む光と陰。
照らされたものが無言で語りかけてくるようで
ドキリとさせられる。

初期設定を活かし、
自分で器やアートを置き換えたり、
照明の角度やソファの向きを変えてみたり。

時間や方角によってものの見え方が
変わることが楽しめるよう、設計します。

Member

関電不動産開発
中平英莉

「リノマチコラボ」プロジェクトメンバー。分譲マンションの商品企画に携わる。うつわを起点に暮らしのあり方について思い巡らすことを楽しみとしており、独自の都心暮らしの提案として、LAPIN ART 坂本氏に声を掛け「わたしの部屋」プロジェクトを企画。(写真中)

LAPIN ART
坂本大

現代のうつわと古美術骨董を取り扱うLAPIN ART OFFICE ディレクター。本プロジェクトを通して、自分の大切な物との向き合い方を、自らが描く理想の暮らし方とギャラリストとしての知見を掛け合わせながら提案する。(写真右)

コプラス
永久正浩

自由設計が魅力の「コーポラティブハウス」を主軸に集合住宅等の設計を行う。「阿佐ヶ谷ハウス」の設計担当者。自由設計の楽しさと難しさの両面を知り、具現化に尽くしてきた立場から、本プロジェクトにおける建築設計としてのリアリティを担う。(写真左)

コプラス
永久正浩

自由設計が魅力の「コーポラティブハウス」を主軸に集合住宅等の設計を行う。「阿佐ヶ谷ハウス」の設計担当者。自由設計の楽しさと難しさの両面を知り、具現化に尽くしてきた立場から、本プロジェクトにおける建築設計としてのリアリティを担う。

関電不動産開発
中平英莉

「リノマチコラボ」プロジェクトメンバー。分譲マンションの商品企画に携わる。うつわを起点に暮らしのあり方について思い巡らすことを楽しみとしており、独自の都心暮らしの提案として、LAPIN ART 坂本氏に声を掛け「わたしの部屋」プロジェクトを企画。

LAPIN ART
坂本大

現代のうつわと古美術骨董を取り扱うLAPIN ART OFFICE ディレクター。本プロジェクトを通して、自分の大切な物との向き合い方を、自らが描く理想の暮らし方とギャラリストとしての知見を掛け合わせながら提案する。

News

Residence

阿佐ヶ谷ハウス

自由設計 × 新築分譲マンション
という発想

それは新築分譲マンションでありながら、自由設計が可能な新しい住まい。新築分譲マンションだけど、一般的な新築分譲マンションとは違う。自由設計だけど、注文住宅やリノベーションマンションとも違う。

最大の特長は、間数や水回り位置も含めた自由な間取り設定ができること。ライフスタイルやこだわりに合わせ、建具や部材、設備仕様、窓の開閉方法の選定に造作家具の設計まで。住空間における様々な要素を、思い通りに変更できるのが「阿佐ヶ谷ハウス」です。

*調度品を美しく見せる「わたしの部屋」プロジェクトは、「阿佐ヶ谷ハウス」の一住戸として企画設計、販売する予定です。(自由設計のお申込みには期限がございます。)

関電不動産開発が提案する、
自分らしさにこだわる暮らし方

シエリア秋葉原

都心で描く自分時間

シエリア横浜阪東橋

貴方ならではの横浜ライフスタイル

シエリア宮崎台

女性目線の心地よい住まいづくり

*このサイトは、「わたしの部屋」商品企画特集サイトです。自由設計マンション「阿佐ヶ谷ハウス」の販売情報については、公式サイトをご覧ください。
*サイトポリシーはこちらをご覧ください。

ページトップ