どこまでも、眺めのいい部屋。

目に入るものすべてを美しく見せるために
住空間における
「見せる」「照らす」「仕舞う」の
機能を明確に分けることで
ものをしつらえ、愛でるときの
適度な緊張感と
すっきりと片付いた部屋が
もたらすリラックス感という
密度のことなる心地よさが
寄せてはかえす波のように繰り返し、
積み重なり
暮らしを豊かに
育んでいく、そんな空間が生まれました。

見せる

好きなものはどこまでも美しく見せる

「わたしの部屋」には、好きなものを
美しく見せるための工夫が
随所に見られます。
まずは、調度品をしつらえるための
ふたつのニッチ(玄関ホール)と
箱型の展示台。
季節の室礼をしたり、お気に入りの器や
アートを飾るなど、現代における
床の間の役割を担います。

次に、リビングに設置したミニキッチン。
お酒やお茶、コーヒーを嗜むのに必要な
シンクと電源プラグという最小限の機能に
徹した
ミニマム設計で、家具のような
天板には器や道具が映え、
所作までも綺麗に見せてくれます。
光をやわらかに吸収する塗装仕上げの白壁や、
高級感のあるカーペット(オプション)も、
ものの輪郭を引き立てています。

照らす

変化のある照らし方でものの魅力を引き出す

「わたしの部屋」では、自然光でも
照明をつけたときにも、ものと家具、
そして空間全体が
最も美しく見える
ライティングにこだわりました。

壁面を照らすスポットライトには、
美術館でも採用されている演色性の
高い電球を採用し、
絵画や写真など
掛けるものに適した調光ができるように。

展示台やダイニング上部のダウンライトは、
ピンライトのように真下を照らし空間に
落ち着きを与えます。寝室には
アッパーライト(オプション)を内蔵し
ホテルライクに。
ものと空間に合わせた明暗のコントラストを
楽しめる仕様になっています。

仕舞う

見せたくないものは効果的に収納

「好きなもののほかに余計なもののない部屋」は、見せたくないものを効果的に
仕舞う収納があってこそ実現します。

「わたしの部屋」では、焼物やアート作品など調度品を整理整頓しながら収納できる大容量の
納戸や、天井高いっぱいにスペースを確保した扉付きの食器棚、電子機器を仕舞い
ながら充電できる階段下収納などにより、
すっきりと片付いた状態でいられる
暮らし方を提案。

散らかりがちなキッチンは引き戸で隠し、
内部には調理中に器や食材を一時的に置ける
吊り戸オープンスペースや、
食器棚に収まりにくい大皿のための
オープン棚を造作。
コンパクトな空間でも効率よく作業できるよう設計しました。

間取り

1LDK+N+WIC メゾネットタイプ

専有面積 68.52㎡(約20.72坪)
ドライエリア面積 10.30㎡
サービスバルコニー面積 2.40㎡
ポーチ面積 4.99㎡

設備と仕様

  • 玄関 クロゼット
  • トイレ
  • キッチン
  • キッチン 吊戸棚オープンスペース
  • キッチン オープン棚
  • 納戸
  • ダイニング 食器収納
  • ウォークインクロゼット
  • 洗面化粧台
  • 浴室
  • キッチン 家電収納
  • 洗濯パン
  • 洗濯機置場 吊戸棚
  • 床
  • 階段 床
  • 玄関 クロゼット

    手前に引き出せる仕様のコート掛け。上着を家の中に持ち込むことなく収納でき、来客時にはお客様の服や小物も収納できる。

  • トイレ

    部屋との統一感を重視し白とグレーを基調とした清潔感のある空間。

  • キッチン

    L字型のキッチンと壁面収納を効率的に組み合わせた約3.5帖。キッチン入口の引き戸を閉めれば散らかりを隠すことができる。

  • キッチン 吊戸棚オープンスペース

    調理中に使う食材や器、洗い終えた食器などを一時置きするなど自由に使えるスペース。

  • キッチン オープン棚

    調理中に手の届きやすい場所にあり、よく使う器を並べたり、食器棚に収まりにくい大皿を立てて収納することが可能。

  • 納戸

    コの字型の可動棚を設置し焼物やアート作品など調度品の収納やパントリーとして重宝。約1.3帖。

  • ダイニング 食器収納

    天井まである大容量。上部は下から見えやすいよう棚板の奥行きを浅くし、下部には徳利やグラスも入る深さの引き出しを設けた。

  • ウォークインクロゼット

    L字型のハンガーラックの上に奥行きのあるオープン棚を設置。約1.3帖。

  • 洗面化粧台

    下部とミラーの内側はタオルや化粧品をしまえる全面収納。

  • 浴室

    内装とトーンを合わせベージュを基調とした、お風呂には窓があり換気も抜群。浴室乾燥機付き。

  • キッチン 家電収納

    炊飯器やコーヒーメーカーなどキッチン家電用のコンセントを備えた棚。下段にはゴミ箱も収納可能。

  • 洗濯パン

    洗濯機置場には万が一の水漏れを防ぐ防水パンを装備。

  • 洗濯機置場 吊戸棚

    洗剤などの収納に便利な吊り戸棚にはハンガーを収納できるラックを内蔵。

  • 木目のやさしい天然木仕上げのフローリング。

  • 階段 床

    階段にも天然木仕上げのフローリングを使うことで見た目の美しさを追求。

家具・調度品は物件価格に含まれておりません。
掲載の写真は2021年10月に撮影したものです。

お問い合わせはこちら

[見学会]予約受付中 お部屋のご案内+資金相談

「わたしの部屋」の購入を検討中の方は、
お問合せボタン又は各種SNSサービスの
ダイレクトメッセージより、お名前・ご連絡先を
ご記載のうえ、お問合せ下さい。
サイト管理者 関電不動産開発 中平

阿佐ヶ谷ハウスについて

「わたしの部屋」は新築分譲マンション「阿佐ヶ谷ハウス」のひと住戸として生まれました。 阿佐ヶ谷はJR中央線快速で新宿まで3駅というアクセスの良さでありながら、駅から少し離れると公園や邸宅など緑豊かで静かな住環境です。
 
また昭和の時代には阿佐ヶ谷文士村と呼ばれ井伏鱒二を中心として、青柳瑞穂、小林秀夫、川端康成など数寄者でもあった文豪たちが多く居を構えた地でもあります。
「阿佐ヶ谷ハウス」の一室「わたしの部屋」の購入をぜひご検討・お問い合わせください。

ページトップ